巻き藁(まきわら)とは

巻き藁(まきわら)とは、人の胴体に代わるもので、以前は、3センチ位の青竹を芯にして俵むしろを巻いて一晩水に浸けたもので、剣術を鍛錬する時に、刀で斬る物です。

 現代では、2センチ位の青竹を芯にして、畳表(ゴザ)を巻いて数日水に浸けておいた
ものです。現代では、筵(むしろ)が無いからです。

最近は、ゴザだけ巻いたものを斬っているのが殆んどです。
 青竹の芯を入れてないので、ゴザだけでは、骨断の手の内 〕が判りません

 游神館は古来からの《青竹芯入り巻きわら》を斬っていますので、手ごたえ充分、醍醐
味は格別です。 《青竹入りの巻きわら》斬りこそ、剣術(斬り技)派生の源流そのもの
あります。

写真補充